読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのノート

会社をやめてデザイン学校に行き始めた人の雑記帳

坂茂展に行ってきた

 こんにちは、しばらくぶりです。ぼちぼち学校では空間デザインの課題が出始めているんですが、人の課題を見るのがすごく面白いです。もちろんfunnyじゃなくinterestingの方の意味です。これは独学じゃできないことだなー、と感じます。

 先週はというとギャラリー間(通称:ギャラ間)にお邪魔してきました。今回は坂茂(ばんしげる)展の感想です。

 

展覧会名:坂茂:プロジェクツ・イン・プログレ

会場:TOTOギャラリー・間、東京(乃木坂)

会期:2017年4月19日~7月16日

 

 数年ぶりにギャラ間に来ました。トイレで有名なTOTOが社会貢献活動の一環として運営しているギャラリーで、デザインと建築の展示に特化しています。公式サイトの紹介によると、1985年10月にオープンしたそうです。同ビルの別階にはデザイン・建築関連の書籍を販売しているブックショップも入っています(建築雑誌などのバックナンバーが読めるブースあり)。社会貢献活動ということで、展示の観覧料は基本的に無料。学生には嬉しい。乃木坂駅を出てすぐの場所に位置しておりアクセス良好なのに、混んでいることが多くないのでゆっくり楽しめます。ちなみにこの日の帰りに国立新美術館に立ち寄ったら、草間彌生展は相変わらず長蛇の列でした。

 

 今回は館長さんによるギャラリーツアーに参加してきました。参加人数は10人強くらいだったと思います。3階、中庭、4階が展示会場なのですが、その展示物のほとんどすべてについて解説をしてくださいました。参加は予約不要で無料です。館長さんが展示準備時のエピソードや坂先生に関するお話まで、楽しく色々とお話ししてくださっていたら、あっという間にツアーが終了。これは参加しないのは損だと思いました。

https://www.instagram.com/p/BUQdaHIFuR-/

※画像をタップするとたけのInstagramに飛びます。写真は実際の建築物の壁面に使われている木製パネルです

 

 さて、この坂茂プロジェクツ・イン・プログレス展は、その名の通り現在進行中のプロジェクトをメインに据えた展示です。坂茂さんといえば、熊本での震災時に避難所となった体育館に、紙の筒を使って「個室」を作ったことでも注目を集めました。パリでこの春にオープンした、ラ・セーヌ・ミュージカル(坂茂さん最大級のプロジェクト)の建築の中にも、この紙筒を用いた構造が用いられているそうです。精緻に作られたラ・セーヌ・ミュージカルをはじめとする模型の数々や、コンペ用のコンセプトムービー、建設中の建築構造の部分モデル(という言い方で合っているか分かりませんが)は、とても見応えがありました。最近は建設中の模様を記録するのに、ドローン飛ばして映像を撮るみたいですね。

 展示物のなかには、会期の3日前に坂さんが「これも入れよう」といって追加されたものもあるとのこと。館長さんによると、他の建築家の方でも同様のケースは少なからずあるそうです。会期中にレイアウトを変えることになったこともあるんだとか。

 

 それはさておき記憶に残ったのは、坂さんが熊本震災の3日後には現地入りして活動を始めたというお話です。見知らぬ誰かのために何かをする、ということを迷わず出来る人に、悪い人はいないだろうし、簡単にできることじゃない。わたしもそんな大人になりたいな、と思うのでした。

 

※オススメのさんぽルート

青山一丁目駅で下車、草月会館丹下健三の建築→1977年に再建)でイサムノグチの石庭を見てからConnel Coffeee(nendoが運営)で一息ついて、Cassinaでデザイナー家具を見て回って、ギャラ間まで歩くコース。

 

 

次回はデザインサイトの話の予定です。それではまた!

坂本龍一 設置音楽展に行ってきた

こんにちは。ワタリウム美術館がもっと若い人たちに知られてほしいような、このままで丁度いいような、そんなことを思う今日この頃です。本当に好きなお店は隠れ家のままであってほしい、というのと似た感じです。4月から開催中の「設置音楽展」を見てきた感想を書きます。

 

展覧会名:坂本龍一  設置音楽展    Ryuichi Sakamoto  async

会場:ワタリウム美術館、東京(外苑前)

会期:2017年4月4日~5月28日

 

 外苑前駅から徒歩5分くらいで行けるワタリウム美術館。2013年のJR展で貼られた外壁の顔写真たちは、ほとんど剥がれてきていました。これはこれで風情がある。

 さて、今回の展示は、2階、3階、4階、地下1階の順で見るように説明を受けました。2階は坂本龍一の新作アルバム『async』全曲が試聴でき、書籍やメモなど彼が影響を受けたものが展示されていました。3階・4階は映像と音楽のインスタレーション、1階ではアルバムへのコメントを自由に書き残せるようになっており、地下ではアナログ盤の試聴ができます。

 

 鳥肌が立ちました。坂本龍一さんの音楽については全く詳しくないのだけれど、深く音楽に体を埋めたような感覚が久しぶりで、アルバム曲が一周するまで座ってしまいました。3・4階のインスタレーションも良かったのですが、わたしには2階の印象が強すぎた。

https://www.instagram.com/p/BT6weSaFfz-/

※画像をタップすると たけのInstagramが開きます。曲中に登場する詩が、壁に書かれていました。会場内の撮影は静止画のみ、シャッター音とフラッシュが禁止だそうです。

 

 よく分からないという人も、とりあえず行ってみたら、外に出たあと周りの音に耳を澄ませたくなるかもしれない。ふだん着けてるイヤホンを外して歩きたくなるかもしれない。なんでもない景色をじっと見ていたくなるかもしれない。と、思います。『async』については、この記事が興味深かったです。

 

 ちなみに音響はムジークエレクトロニクガイザインという(知る人ぞ知る、なのかな?)メーカーの製品が使われており、座席のベンチはgraf服部滋樹さんが特別に制作されたオリジナルのものだそうです。音の反響が少ないシンプルなかたちで、ヒノキの香りが音と混ざって、なんとも言えない良い具合でした。

 

 自分にいったい何ができるか分からないけれど、頑張って勉強しようと思いました。

 

追記:国立新美術館に寄ったついでに図書室で5月の美術手帖を読んできました。『async』と今回の設置音楽展に関するロングインタビューが掲載されていて、読み応えがありました。

『空間メディア入門』を読んでみた

こんばんは。今回は地元の図書館で借りて読んだ本のメモです。

 

平野暁臣(2009)『空間メディア入門 僕たちは空間を使って何ができるのか』イースト・プレス

 

 著者の平野氏は空間メディアプロデューサーとして、イベントスペースから美術館のプロデュースまで様々な領域で活躍されている。岡本太郎の事実上の甥で、現代芸術研究所を主宰。(空間メディアプロデューサー、という字面と初対面。肩書って名乗ったもん勝ちだ、みたいなことを先生が言ってたな。)

 中身は、平野氏が各所で行った講義内容を再構成したもの。189ページと写真ページがあるが、行間が広く読みやすい分量。

 

【概要】

デジタル技術・インターネット社会が発展した今、情報のありかたやコミュニケーションのありかたが大きく変容している。この状況下において、メディアとして空間にしかできないことは何か、空間が実現できるコミュニケーションとは何か。

【気になったポイント】

・空間メディアにしかできないこと:体感、体験

・バーチャルはリアルへのトリガー(SNSが流通したから同窓会が増えた/ネットで口コミを見てから選ぶ・行く・買う)

・空間で語る―岡本太郎の葬式の場合

・一つの空間メディアを、次のイベントにリンクさせる(後付けでなく計画的に)

・「納得」ではなく「感知」を目指す(音や匂い、身体感覚に訴える)

・空間は「触発する」「背中を押す」メディア(完パケにして与えるのではなく)

・「腑に落ちる」浴びる→気づく→つかむ→つなぐ

 

 非常に分かり易かったです。これから空間デザインをしていく上で頭の中に入れておいたら、考えるときに何かのヒントが得られそう。美術館に関する記述のなかで、美術館を十把一絡げにしてる感が否めないところだけはギモンに思った。でも大体おっしゃる通りと思った。講義があったらぜひ聴講したい!

五島美術館に行ってきた

おはようございます。皆さまゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?働いてましたか?ごろごろしてましたか?それとも遊びすぎて疲れちゃいましたか?わたしは前職が休祝日出勤だったので、何していいか分からず戸惑いました。結局は出歩いていたんですが。(たぶん人生最後の学生ゴールデンウィークだし、と思ったら急に焦りました。)

 

 そんなわけで、この連休中に、ずっと気になっていた五島美術館に行ってきたので感想を書きます。今回は展示内容ではなく美術館そのもの(というか主に庭園)についてです。連休ボケで日本語がおかしくなってきてるね。気にしないでください。

 

美術館:五島美術館

最寄り駅:東急大井町線 上野毛駅

設立:1960年4月18日

所蔵作品:主に日本および東洋の古美術品

 

 若い人にはあまり知られていない美術館というイメージだったんですが、案の定、同年代の来館者は少なかったです。が、ちょっとそれがもったいない。五島美術館の所蔵作品数はおよそ5,000件。コレクションにはなんと、国宝5件と重要文化財50件も。あの平安時代の「源氏物語絵巻」まであります。創設者の五島慶太氏が鉄道事業のかたわら美術品を熱心に蒐集していたそうで、それらを広く一般に公開することを目的としてこの美術館が設立されたそうです。 古美術は詳しくないし・・・という方にとっても、展示スペース自体はそこまで広くないですし(とても狭いわけでは無いのですが)、良作・名作をまとめて見られるところはお得感があるかなと思います。

 

https://www.instagram.com/p/BTyzOFTlJHq/

※画像をタップすると たけのInstagramに飛びます。

 

 そしてこの美術館を訪れる多くの人が楽しみにしているであろう、建物と庭園が最大のみどころでもあります。正直に白状すると、わたしは今回お庭の散策目的で来ました。(作品展示もちゃんと楽しんできましたが、ただお庭を歩いてみたかったのです。)敷地面積は、庭園を含めて約6,000坪。庭園はどこかの記念公園かと思うくらいに広かったです。5月は木々の緑が瑞々しくて風も心地よく、ウグイスのさえずりまで楽しめて、訪れるには本当に良い時季だなと思いました。暑くなる前に来ることをオススメしたいです。上野毛駅から徒歩で行けます。途中においしそうなサンドイッチ店があったな~。ちなみに帰りは庭園奥の出口から出てみたら、二子玉川駅まで歩けました。

 

 なんだかろくに感想を書かずに記事を終えてしまいそうです。それでもこうして各地に個人のコレクションを中心とする美術館が開かれていることは、本当にありがたいなと思います。だって個人で楽しむだけだっていいのに。最近の例でいうとZOZOTOWNの社長さんも現代アート作品の蒐集をしていて、将来的に美術館を開いて展示することを考えているそうです。(開業お待ちしてます!)

  

  以上、今回は「五島美術館に行ってきたよ」という報告でした。

 

SHIBUYA CAST. に行ってきた

おはようございます。良いバイトが見つからず、最近は時間を持て余してあちこち歩き回ってます。とうとう大型連休も最終日ですね!先月末、シブヤの日=4月28日に開業したSHIBUYA CAST. を少しだけ覗いてきました。

 

施設名:SHIBUYA CAST.

階層:地下2階~地上16階(地下2階は駐車場)

開業日:2017年4月28日

 

 宮下公園の向かい(キャットストリートの手前あたり)に位置する渋谷CASTは、クリエイティブ活動の拠点となるべくオープンしました。ということで、ここは一般向けのショッピングスポットというより、貸しオフィス(約400坪)や賃貸住宅(80戸)としての機能がメインになるようです。他に、シェアオフィス、多目的スペース、カフェ、レストランなどが入っており、アパレルショップは1店舗のみ。入口前の広場には、オープンイベントの一環なのか、フードトラックが並んでいました。月並みな表現ですが、「モノを売る」場所というより「コトを起こす場所」という印象でした。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTYkIrnF-dQ/

※画像をタップすると たけのInstagramに飛びます。

 

 そんな渋谷CAST、デザインコンセプトは「不揃いの調和」なんだそうです。誰が外観や内装デザインを手がけたんだろうと思って調べていったら、なにやらユニークな手法で作られた模様。1人/1企業の単独デザインではなく、若手のデザイナーや建築家が複数集まり、共通のキーワード・キービジュアルのもと担当箇所ごとにデザインをしていったんだとか。こちらの記事が参考になりました。(中々すごいメンバーですね、もっと詳しく知りたい!と思ったら公式サイトの記事に担当者のお名前等がありました。やっぱりすごい。)

 

 実際に見に行ってみて、開業直後の時期だったにもかかわらず結構空いていたのは意外でした。夜だったからかな。(オープン前日の昼間に覗きに行ったときは、記念撮影などで賑わっていました。)施設の知名度はまだ高くないようで、わたしの友人に聞いても「渋谷CASTを知っている」という人はこの時点で殆どいませんでした。いわゆる「大衆受け」する場所とは違うのでしょうが、ちょっともったいないかな?明治通り沿いを歩いていても、手前の方からは建物が隠れていて見えづらいので、知っている人かキャットストリート方面に用事のある人しか来ないのでは、なんて思ってしまいました。唯一のアパレルショップはベイクルーズ(ジャーナルスタンダード等の会社)が手掛ける新業態店舗なので、それで渋谷CASTを知る人も多いかもしれませんね。ちなみにメンズアイテムがメインのようですが、店内は什器にドラムセットが使われていたりして個性的な雰囲気が楽しめました。2フロアに分かれています。

 

 まだまだ分からないことだらけなので、トークショーとかワークショップとか、面白そうなイベントがあったら参加してみたいなと思います。(また書けることが増えたら記事UPしますね。)とりあえず、広場にカラフルなかぶりものが沢山あるので、気になる人は行って被って写真撮ってくればいいと思うよ!私の頭にはサイズが小さすぎて、はまりませんでした・・・子供用であることを願う。

ソール・ライター展に行ってきた

こんにちは!ここ最近かなりのペースで企画展を見られています。良いのか悪いのか、ちょっとお腹いっぱいのまま消化不良になりそうな気もする。(機会が目の前にあれば行きたくなるんだから仕方ないけど!)

  そんな中でも、写真展を見に行ったのは久しぶりでした。ソール・ライター展の感想を書きます。美しかったです。

 

 展覧会名 : 「ニューヨークが生んだ伝説  写真家  ソール・ライター展」

会場 : Bunkamura ザ・ミュージアム

会期 : 2017年4月29日〜6月25日

 

   ソール・ライター(1923-2013)は、ファッション写真の仕事を通して脚光を浴びたが、表現としての写真を追求する道を選んだアメリカの写真家。商業写真の世界を退いたのち、暫く世間から姿を消しています。後年になって、とあるきっかけで出版された彼の写真集が注目を集めたことにより写真家としての評価が高まりました。

 

 ・・・というライターの経歴を全く知らず、今回は学生時代の友人のお誘いで見に来た訳なんですが、ファッションもアートも好きな私にとって面白くないはずが無い。前衛的なアート写真家のものと違って、彼の作品は良い意味で「取っつきやすい」印象でした。ファッション誌を飾っていた作品はもちろんのこと、それ以外の写真も美しく、日常の一幕を切り取ったようなシーンがほとんどです。

※ちなみにライターは1960年代、 Harper's BAZAAR という最も歴史が長く世界的にも有名な女性ファッション誌のための仕事をしており、作品は多くのページを飾っていました。今回の展示では、この頃の商業作品と、主に屋外・ストリートで撮った40年代後半~60年代前半頃の作品、ヌード写真、水彩による絵画作品が展示されています。「ふだん写真展なんて行かないけど雑誌は好き!」なんて人にもオススメです。

 https://www.instagram.com/p/BTnbd0sFa-3/

※画像タップで たけのInstagramに飛びます。


 作品を見ていて思ったのは、ピクトリアルな / 絵画的な写真が多いということ。展覧会のフライヤーを見ただけでも、色彩や構図の美しさ、雨に濡れたガラスや雪といった質感の表現など、際立つ要素はどれも絵に描きたくなるようなものばかりでした。(わたしは描けないけどね。描けたらいいな。)それから、人の気配や物語性を感じる作品ばかり。被写体の全身が鮮明に写されるのではなく、その一部か、後ろ姿か、といった具合です。色んなことを想像できるのは、とても面白い。

 出来たら80年代以降の隠遁生活中の作品なんかも見てみたかったな。公開されないんだろうか。

 

 ところで展示室の壁面には、ところどころにライターの残した言葉が書かれています。上に挙げたような作品の特徴の理由が、それらにも詰まっているように感じました。

 

 さて、もともと絵画が中世、近世までビジュアルメディアとしての役割を果たしていたけれど、写真が19世紀に発明されてから、その役割は写真に取って代わられてきました。(ルネッサンス以降、絵画は徐々に芸術の役割に特化していく。)そして写真は発明当時から変わらず、メディアと芸術、両方の役割を担っています。インターネットとスマホのおかげで、とても身近になった「写真」は、これからどんなふうに変わっていくんだろう、なんて考えてしまいました。

  話が逸れましたが、とても良い展示でした。わたしは当時のニューヨークの街なんて当然見たこともないけれど、彼の写真を見て想像して、同じ街の空気を吸えたような気分です。これから行かれる方は、公式Webサイトの「見どころ」ページを見てから行くと、より楽しめると思います!

 

帰り道に良いカメラが買いたいなんて思ってしまったのは、わたしだけじゃないはず!Bunkamuraの向かいに15時オープンのクラフトビールのお店があって二人で吸い込まれていったのだけれど、酔った勢いで電気屋に寄らないで本当によかったな。

GINZA SIXに行ってきた その1

こんばんは!前回のブロイヤー展を見た後で銀座に用事があったので、話題のあの場所へ行ってきました。時間が足りなかったため、屋上を除く地上階について感想を書いてみます。(でもやっぱり好みのブランドばっかり見ちゃうね。)

 

 https://www.instagram.com/p/BTbTBG6llof/

 

施設名: GINZA SIX

階層: 地下4階?~ 地上13階(と、屋上)

開業日: 2017年4月20日

基本設計・外観デザイン:谷口信夫氏

共用部インテリアデザイン:グエナエル・ニコラ氏

 

  GINZA SIX(以下GSIX)は建設が決まった段階からオープンまで、その規模と内容が注目を集めていました。経済効果などの詳しい試算は知りませんが、この二週間は銀座一帯の人がかなり増えているようです。学生のころアルバイトしていたりして銀座は馴染みのある街なんですが、みんながぞろぞろ6丁目に向かって歩いている光景はちょっと面白い。「ひさし」と「のれん」をイメージしたというファサードはシンプルながら存在感があって、中央通りが新鮮に見えました。そんなGSIXの中身はというと、服飾雑貨店と飲食店、書店、バーバー、ギャラリー、オフィス、能楽堂に観光案内所などなど・・・まあ盛りだくさん。この日は時間が足らず地上1〜6階だけ見て出ましたので、つらつら書いていきます。

 

  さて、1階にはハイブランドの店舗が並んでいて、高級感が前面に打ち出されていました。地下から続いて2フロア以上に展開するブティックが多く、店内に専用エレベーターがあるところも。(空いていたので、試着室も見させていただきました。覗くとブランドの個性が出てて面白い。) 上階も含め、多くのブランドが世界最大級もしくは国内最大級のショップ/旗艦店を置いているので、店舗空間や品揃えは各ブランドの最先端が見られると言って良いと思います。純粋に見ていてワクワクしました。個人的には、あるショップの商品ストックがほとんど壁と一体化して見える様になっていたのが気になりました。スタッフの方が電子キーのような物で開閉させていたけど、どうなってたんだろう?接客も落ち着いていて、デニムにサンダルで足を踏み入れてしまった私にも丁寧にお話ししてくださりました。嬉しいな。きっと社会人復帰したらお財布握りしめて、ちゃんとした服で行くよ!

 

f:id:f0404:20170502003101j:plain

 

 ひととおり覗き終えてから、エスカレーターに乗って上階へ。フロアの作りについて言い忘れましたが、真ん中が吹き抜けになった回廊式のようなイメージ。でも通路は一直線ではなくリズムがあって、お堅い感じはそこまでない。(雁行っていうのね、日本語を知りませんでした!恥ずかしい。)そして天井中央からは、草間彌生さんの作品が吊られています。いろいろ装飾を変えられそうに見えたので、ホリデーシーズンが今から楽しみです。GSIXの公式Webサイトによると、草間さんの作品自体は来年2018年2月25日までの展示を予定しているそう。真ん中に吹き抜けがある商業施設は表参道ヒルズをはじめ色々あるけれど、やっぱり開放感があって気持ち良い。ただし吹き抜けが高いぶん、各階の天井を少しばかり低く感じてしまいました。欧米の方々にとっては少々窮屈さもあるのでは。6階には蔦屋書店があるけど本棚を置くと余計に・・・と心配になりつつ行ってみたら、天井はダクトやら銀色の配管がむき出し状態でオシャレな感じになっていました。なるほどね。

 

 全体にアート要素(作品があったり、ギャラリーがあったりする)が多いのは、最近の施設らしいなと思いました。他の施設と差をつけているとすれば、そのアート監修を森美術館が手掛けているところでしょうか。有名どころのチームラボも抑えていれば、植物学者でアーティストのパトリック・ブランさんによる作品まであります。あとは、各フロアに必ずカフェがあるのも今っぽい要素かな。昨年開業した東急プラザ銀座も、カフェがあちこちにある印象です。

  

 思ったことはたくさんあるのですが、各ブランドについてひとつずつ書けば腱鞘炎になりそうなので省きます。(機会があれば、その2以降の記事を書きます。)正直「見どころ多すぎて何を見たら良いの!」という気持ちで、ひとりウロウロ歩き回っていました。それでも冒頭に書いた通りで、どうしても好きなテイストの店舗ばかり見てしまうんだ、これが。勉強しに行くには良くない癖なので直したいところです。ちなみに、いちばん印象に強く残ったのはハサミがアイコンのブランド。ああいう空間は(商品と店員の方々含めて)とても好きです。他にも素敵なお店がたくさんで、お客様はもちろん働く方々が楽しそうにしていると、とても良いなと思うのでした。

 

 なにはともあれ、憧れのライフスタイルが凝縮されていて、それでもちょっと背伸びすれば買えるものも置いてくれているのが良かったな。つぎは屋上まで見られるくらい、余裕を持って行ってみようと思います。

 

最近いいペースで美術展をめぐっているので、次はまたその話を書こうかな。

それではまた!